7/5の大雨による被害等について(九州北部を中心とした豪雨災害)(第20報)




====================================
平成29年度広島県被災者生活サポートボラ情報 No.262017.8.2
7/5の大雨による被害等について(九州北部を中心とした豪雨災害)(第20報)
【ブログ】広島県被災者生活サポートボラ情報
====================================

――――――――――――
広島県社協としての動き
――――――――――――
現在,ボランティアバス(8月初・下旬)の実施に向けて,被災地の災害ボランティアセンターと調整中です。
また,中国ブロック県・指定都市社協の現地災害ボランティアセンター運営支援における職員派遣要請に基づき,中国ブロック県・指定都市では, 82日(水)~91日(金)(第18クール)の期間,朝倉市災害ボランティアセンターの運営支援に加わります。

・広島県内社協 派遣期日 第247クール
2クール 8 5日(土)~  9日(水)(本会1人,北広島町社協1人)
4クール 815日(火)~ 17日(木)(本会1人,三原市社協1人)
7クール 825日(金)~ 29日(火)(本会1人,呉市社協1人,福山市社協 1人)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
被災地でのボランティア活動をお考えのみなさまへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 被災地では,現在も被害の全容把握・行方不明者の捜索が続いており,宿泊場所や食料,生活用品等の確保が困難な状況もあります。
 ボランティア活動が開始された地域においても,雨天等の天候の変化によっては,ボランティアの安全面の確保を第一に考え,活動時間の変更や中止・中断も起こりえます。
 こうした状況をふまえ,今後ボランティア活動をお考えの人は,次の2つを必ず確認していただくようお願いします。

1.事前に地元または出発地にある「市町社会福祉協議会」でボランティア活動保険の加入手続きを必ず済ませてから,出発してください。
2.宿泊場所,移動手段を事前に確保してください。
被災地のボランティアセンターでは,食事・宿泊場所は用意されません。

※熱中症予防対策のお願い
・被災地では,35度を超える猛暑日も生じています。被災地でボランティア活動に参加する方々でも,熱中症症状で体調を崩されたり,病院に搬送される状況が生じています。
・ボランティア活動に参加されるみなさんの体調管理が,何よりも重要です。活動にあたっては決して無理をされないようにしてください。
  ・また,災害ボランティアセンターでご案内している熱中症予防対策,活動にあたってのご案内(定期的な休憩時間の確保や,活動するボランティアグループメンバーどうしでの交代作業のお願い)を参照ください。

――――――――――――――――――――――――
「平成2975日からの大雨災害義援金」の募集
――――――――――――――――――――――――
◆中央共同募金会ホームページ
◆日本赤十字社ホームページ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成29 75日からの大雨に伴う災害救助のために使用する車両の取扱いについて
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
75日からの九州北部を中心とした大雨による災害に関し,被災地支援を目的とする車両は一定の条件の下で,高速道路料金が減免されます。手続き等については,次を参考にしてください。
◆朝倉市災害ボランティアセンター 公式サイト
◆東峰村災害ボランティアセンター 公式サイト
◆日田市災害ボランティアセンター 公式サイト
◆広島県危機管理課HP

―――――――――――
福岡県の動き
―――――――――――
【朝倉市】
「朝倉市災害ボランティアセンター」では,引き続き一般家屋の泥出しや家財の搬出を中心とした活動を行っています。
 
 82日(火)より,パチンコ店杷木パレス跡地(朝倉市杷木久喜宮1631)に移転し,朝倉市災害ボランティアセンターを再開し,ボランティアの受付も再開しています。
  

◆朝倉市社会福祉協議会
◆朝倉市災害ボランティアセンター特設サイト
◆朝倉市災害ボランティアセンターFacebook

【東峰村】
「東峰村災害ボランティアセンター」では,災害による道路事情から,「本所(小石原)」及び「宝珠山サテライト」の2か所で運営しています。

81日(火) 
・本所(小石原)  活動者数   4人  活動件数  1件  継続活動件数 50
・宝珠山サテライト 活動者数 164人  活動件数 11件  継続活動件数  57

◆東峰村災害ボランティアセンターFacebook
◆東峰村災害ボランティアセンターホームページ

【添田町】
  「添田町災害ボランティアセンター」は,被災された方からの要望依頼が収束したことから,731日(月)をもって閉所されました。今後は,添田町社会福祉協議会本部ボランティア係で,随時対応をすすめます。

 ◆添田町社会福祉協議会

【福岡県内及び九州ブロックの各県社協による支援】
福岡県内の市町村社協(指定都市の福岡市,北九州市を含む),及び福岡県社協では,職員が交代で,災害ボランティアセンターへの運営支援に入っています。
また現在は,九州ブロック(幹事県:熊本県社協)による支援のもと,佐賀県,長崎県,熊本県,熊本市,宮崎県,鹿児島県,沖縄県の各県・指定都市社協職員が,朝倉市,東峰村の各災害ボランティアセンターの運営支援を継続的に行っています。
福岡県社協災害救援本部では,県内の災害ボランティアセンターのボランティア活動者数等を,ホームページで公開しています。

◆福岡県社協災害救援本部Facebook
◆福岡県社会福祉協議会「平成2975日からの大雨災害に関する情報」

―――――――――――
大分県の動き
―――――――――――
【日田市】
「日田市災害ボランティアセンター」では,一般家屋の泥だしや家財の搬出などを中心に活動が行われています。
81日(火)から「大鶴サテライト」を支援活動の拠点(日田市災害ボランティアセンターと統合)とし,災害ボランティア活動を継続しています。83日(木)は,ボランティアセンターは休所します。

81日(火) 
・日田市災害VC  活動者数  21人  活動件数  3件 
・大鶴サテライト  活動者数 154人  活動件数  12件 

◆日田市災害ボランティアセンターホームページ 
◆日田市社会福祉協議会Facebook


【大分県社会福祉協議会による県内支援】
大分県内の市町村社協及び大分県社協から,引き続き職員が日田市災害ボランティアセンターの支援に入っています。

◆大分県社会福祉協議会

――――――
全社協の動き
――――――
現在,災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P),全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)と連携して,状況の確認及び情報収集,支援の調整を引き続き行っています。

◆災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P
発災直後から,支援Pを通じて各地の災害ボランティアセンターに人材を派遣しています。被災地の社会福祉協議会などと協働して,主に災害ボランティアセンターの運営支援(災害ボランティアセンターの立ち上げ,資機材の調整,被災地の災害ボランティアセンターホームページの作成・運用による情報発信等)を行っています。

◆全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD
   福岡県朝倉市に入り,避難所の環境改善に取り組むとともに,在宅にいる被災者の実態調査などを進めています。

================================
[本ブログの発信者]
社会福祉法人 広島県社会福祉協議会 
地域福祉課/広島県ボランティアセンター
  732-0816 広島市南区比治山本町12-2(広島県社会福祉会館内)
             tel (082)254-3506   fax (082)256-2228
================================

コメント

このブログの人気の投稿

7/5の大雨による被害等について(九州北部を中心とした豪雨災害)(第18報)

7/5の大雨による被害等について(九州北部を中心とした豪雨災害)(第32報)

7/5の大雨による被害等について(九州北部を中心とした豪雨災害)(第21報)